栄養療法ご希望の患者様へ

身体の不調には生物エネルギー代謝が関わっています。

生物エネルギー代謝は馴染みのない言葉ですが、車のガソリンや家電の電気に相当するものです。ガス欠や停電が発生すると車や電化製品は突然停止してしまいます。

生物エネルギーは細胞質内の主にミトコンドリアでのエネルギー代謝で生み出されます。人間においては完全に欠乏すると死んでしまいますので、その前に安全機構が働き、生物エネルギー代謝の低下を体調不良という形で自覚することで個体死を防ぐ仕組みが備わっています。

そこまで重症とならなくても朝起きられないすぐ疲れる皮膚がカサカサする風邪をひきやすい糖尿病や高血圧などの生活習慣病など、思い当たるすべての病気や不調に生物エネルギー代謝の低下が関わっています。

エネルギー代謝の低下の主な原因は酵素機能の低下です。すべての代謝は酵素で回っています。代謝に必要な酵素はすべて「体内で」遺伝子より合成されています。口から取り入れる酵素(万田酵素など)とは全くの別物です。

酵素の質を担保するのは、主にビタミンB群亜鉛といった「補酵素」「補因子」と呼ばれるビタミンとミネラルが身体の中に十分にあることです。

現代の食環境では、若い方のビタミンB群不足、年配の方の亜鉛不足、有経女性の方の鉄不足が懸念されています。

その他、酵素機能の低下の原因に酸化ストレスや糖化ストレスがあります。

あなたの代謝は健康診断の血液検査でわかります

あいクリニックが導入しているオーソモレキュラー(分子整合)栄養療法は一般的な血液検査から、ビタミン・ミネラルの欠乏や酸化ストレスや糖化ストレスの程度を読取り、細胞内でのエネルギー代謝低下の原因を血液深読み手法で特定し、栄養療法を熟知した管理栄養士がそれぞれの方に合った栄養アドバイスで酵素機能を活性化、エネルギー代謝を正常化し不調を改善する栄養療法です。

薬で治らない、または薬(コレステロール低下薬、血圧降下薬、血糖低下薬)が始まる前に相談したい。そのような方は直近の血液結果を持参で御来院ください。

栄養療法は食事習慣、生活習慣の聞き取りが必要です。最初に20分程度の管理栄養士によるカウンセリングを行います。通常の外来診療(5〜10分程度)では医師は十分に御説明できません。医師による簡単な説明に続いて、栄養療法に熟知した当院の管理栄養士が説明対応させて頂きます。

ご希望の方は医師までお知らせください。

栄養指導費

当院が初めての方2,000円(税抜)
当院に通院中の方保険診療範囲内で対応します。

栄養療法による改善例

糖尿病高血圧脂質異常症
アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患
やけど創傷うつ