オーソモレキュラー療法

当院は、薬だけではなく、栄養素の働きによって治療/予防に取り組みます。

オーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)は、我が国では「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」とも称され、栄養素-適切な食事やサプリメント、糖質コントロール-を用いて、わたしたちの身体を構成する約60兆個の細胞のはたらきを向上させて、様々な病気を治す療法です。

海外では1960年代より、精神疾患領域の治療として応用され始め、今では、その応用範囲はほぼすべての医療分野に及ぶまでになりました。

このオーソモレキュラー療法は、「生涯健康管理」と「一次予防」、さらには「アンチエイジング」に適応されます。

本当に健康であるということは

 「朝目覚めると気分が良く、食事が美味しい。身体に気になる症状はなく、多少の無理はひと晩眠ることで解消する。楽しいことを楽しいと感じ、美しいものに感動する-」
 本当の健康とは、こんな状態のことではないでしょうか?
 私たちの身体は、最適な栄養素の補給によって本当に健康な状態へ改善させるパワーを持っているのです。

薬の治療との違いは?

 現代医療の主役である薬は、多くの病気の治療や撲滅に効果を上げてきました。
 しかし、薬には「何となく調子が悪いことを改善したい」、「もっと優れた健康状態にしたい」ということを期待することはできません。また、常に副作用の心配が伴い、自然界に存在しない物質であるため人間にとって異物であるということの危険性を考慮しなくてはなりません。
 栄養医療は、薬による治療と異なり、身体に優しい反応によって病気や症状を改善させたり、より良い健康状態を導く、古くて新しい治療法なのです。

普通のサプリメント療法とは違うのですか?

 サプリメントへの関心が高まり、医療機関でサプリメントを扱うことが増えてきました、一般的には、“○○症状には××サプリメント”といった使われ方をしています。当院のサプリメント外来では、全てひとりひとりの状態に応じたテーラーメードサプリメントを用いています。症状別にサプリメントを選ぶ治療法とは、根本的に異なる方法なのです。
 また、サプリメントの効果は血液検査によって評価できるため、選択された栄養素がしっかりと効果を上げているのかどうかを化学的に評価することができます。

わたしたちが考えているダイエットアプローチ

従来のダイエット方法を検証すると、カロリーを制限することだけを重視するあまり、「低カロリー・低タンパク・低ビタミン・低ミネラル」の状態に陥り、本来人間に必要な栄養を確保できない・・・というものがほとんどです。 その結果として、「一時的には体重は落ちるが、長続きせず、しかも必ずリバウンドする」、ひどいときには栄養欠損によって病気を発症する、といったことが多く見受けられます。
そこでわたしたちが考えるのが、適度な運動は必須として、栄養面において「低カロリー・高タンパク・高ビタミン・高ミネラル」という、栄養重視型のダイエットアプローチです。
十分なタンパク質を摂取しないまま食事の量だけ減らすと、筋肉や骨も減ってしまいます。
高齢者では転倒骨折の原因となります。若年者では、そのような状態で体重が元に戻ると以前にも増して脂肪がつくことになります。これがリバウンドです。
肥満は、栄養の摂り過ぎではなく栄養のアンバランスの結果です。

栄養状態を改善し、リバウンドをさせない正しいダイエットとして、サプリメントを上手に使ったアプローチを推奨します。

すべては血液検査からはじまります

 オーソモレキュラー療法の手法を用いることで、健診データや一般の血液データから足りない栄養素を見つけることができます。わたしたちはLDL値が高いから脂質異常症、GOT,GPTが高いから肝機能障害といった紋切型の判断はいたしません。なぜなら血液検査データは、身体の中の様子、それも栄養状態を最も明快に、かつ、客観的に指し示す指標だからです。

血液データから栄養素の代謝を読み取ります。

検査項目 検査値 従来の判断 栄養療法的判断
GOT 21 肝機能正常 ビタミンB欠乏
GPT 11 肝機能正常 ビタミンB欠乏
ALP 87 肝機能正常 亜鉛欠乏
尿素窒素 11.2 腎機能正常 アミノ酸欠乏
クレアチニン 0.49 腎機能正常 アミノ酸欠乏
フェリチン 6 (測定しない) 鉄欠乏


わたしたちの栄養療法でできることの一部

・ダイエット治療
・肌荒れ、シミ、しわの予防
・ママと赤ちゃんのための栄養補給